FC2ブログ

令和2年8月 毎週火曜日は「学習支援です」

毎週火曜日は、学習支援のプログラムを行っています。

今年の4月から始めた学習支援プログラムもあっという間に5か月が経とうとしています。
学習支援での過ごし方もだんだん身に付いてきたようで、自分の学習時間になると自宅から持ってきた宿題やすまいるで用意した課題に集中して取り組みます。

「えーっと、ここはどうしたらいいのかな?先生、教えてください。」
「じゃあ、一緒に問題文を確認しようか。」
2020082804.jpg
分からないところは、すぐに職員に聞けるので安心して苦手な学習に取り組めます。

感染予防対策のため、職員はマスクの上にフェイスシールドを装着しての学習支援です。
2020082801.jpg

「ここはどうしたらいいのかな・・・」
「どうしたの、分からないところがあるの?」
「うーん、もうちょっと考えてみる。」
2020082803.jpg
自分で考えて取り組もうとする姿勢に心の中で拍手です。

学習支援の日は、終了時間も遅いので、途中で軽食にパンやサンドイッチを食べます。

「頭をたくさん使ったから、甘いものがおいしい!」
2020082806.jpg

学校を終えた後の勉強。体も頭も疲れた時の軽食は最高においしいようで、自然と笑顔がこぼれます。

学習を終えた後や、休憩時間には同年代のお友だちとおしゃべりをしたり、カードゲームを楽しんだりできるので、その時間を楽しみにしている子もいます。

苦手な学習も、みんなが頑張っている姿を見ると「自分も頑張ろう」という意欲が湧いてくるのかもしれませんね。

令和2年8月 イベント「すまいる映画館」をしました。

すまいる・きっずとして久しぶりにイベントを行いました。
名付けて「すまいる映画館」です。プロジェクターとスクリーンを使って、みんなで映画を楽しもうという企画です。
当日は、雰囲気作りに映画のポスターやチケットを作って子どもたちを迎えました。

大きな画面を前に、子どもたちはわくわくしながら映像に見入ります。
2020081401.jpg

おやつには出来立てのポップコーンとジュースを用意しました。
映画を見ながら、舌鼓です。

「おかわり欲しい人」
「はーい」
2020081403.jpg

出来立てポップコーンは大人気で、ほとんどの子がおかわりをしました。
普段はあんまりおやつを食べない女の子も、ぺろりと全部食べていました。

映画鑑賞後に感想文を書く時間を用意しました。
「えーと、映画に出てきたのは・・・」
質問に答える形での感想文作りです。
表の感想文を書いた後は、裏側にお絵かきです。

楽しかった作品の絵を、一生懸命に描き上げます。
2020081405.jpg
それぞれに工夫しながら、自分が見た世界を表現している姿は小さな芸術家を思わせます。
2020081406.jpg

このような状況なので遠足など、外に出かけるイベントはまだ再開できそうにないですが、その分、室内で子どもたちに喜んでもらえるイベントや遊びをどんどん提供していきたいと思います。

令和2年7月 アートセラピー「星空を描こう!」

先日、久しぶりにアートセラピーが再開されました。
題材は、七夕にちなんで「星空を描こう!」です。

用意された真っ黒な模造紙がキャンバスです。
「自由に描いたり、貼ったりしていいからね」

子どもたちは早速、自分の書きたいものを書き始めます。
「えーと、何を描こうかな?」
2020071001.jpg
子どもたちは、考えながらも思い思いにペンを走らせます。

「僕は恐竜を描いたよ!」
2020071002.jpg

みんなが小さな絵をいくつも書いていると一人の子が刷毛を持って大きく、大きくのりを塗り始めました。
「みんな、こうしたらいいんだよ!」
2020071003.jpg
何をするのか見ていると、のりを塗った場所に
「それっ!」
2020071004.jpg
星形に切りぬいた色とりどりの紙をのりを塗った模造紙めがけてバラバラと落としました。
「わあー!綺麗!」

それを見ていた他のお友だちも一斉に同じように所狭しと星を貼りだしました。

「めちゃくちゃ、綺麗にできたね。」
2020071005.jpg
子どもたちも自分たちの仕事に満足です。

「さあ、記念撮影するよ。1+1は?」
「にーっ!」
2020071008.jpg

七夕当日はあいにくの雨空で星空は見られませんでしたが、すまいる・きっずの玄関には子どもたちが作った満点の星空が輝いていました。

友だち追加

ラインアカウントQRコード
LINE公式アカウントできました。

令和2年7月 アカデミックゲームに慣れてきました。

4月から始まった新プログラム「アカデミックゲーム」も次第に子どもたちの間に定着してきました。

「今から、アカデミックゲームを始めるよ」
と声掛けすると
ホワイトボードに書かれた配置図を確かめて、自分の遊びたいゲームの机へ移動します。

小さい子たちには、ミニエアホッケーゲームが人気です。
「行くよ!それっ!」
2020070302.jpg
子どもたちのラケットに弾かれた円盤が、盤面をあちこちへと滑りまわります。

こちらも大人気のすごろくです。
ルールも勝ち負けも分かりやすく、お友だちと白熱のバトルを繰り広げます。
「次こそ、絶対勝つよ!」
2020070301.jpg
自然とダイスを振る手に力が入ります。

高学年の子どもたちは、ルールが複雑で交渉力が必要なゲームを楽しんでいます。
「ねえ、ねえ、僕の持ってる木を石と交換してくれない?」
「えー、どうしようかな?」
2020070303.jpg
お友だちとコミュニケーションを楽しみながらゲームを進めます。

子どもたちは、アカデミックゲームを通して、ルールを守って遊ぶことの大切さや、お友だちと関わって遊ぶことの楽しさを感じ取ってくれているようです。

友だち追加

ラインアカウントQRコード
LINE公式アカウントできました。

令和2年6月 体幹トレーニングが人気です

毎週木曜日のプログラムは体幹トレーニングの日です。

現在は、子ども同士が密接になりすぎないよう、2~3人ずつ順番にトレーニングに取り組んでいます。

「お腹をつけないように、肘だけで身体を支えるんだよ。」
「よーし、頑張るぞ!」
2020061207 - コピー
子どもたちは普段使わない筋肉をフル活動して取り組みます。

「次は、足上げ腹筋だよ。ここで足を止められるかな?」
「うーん、頑張ってみる。」

子どもたちは、お腹に力を入れて、足をまっすぶ伸ばしたままゆっくりと床から上げます。

「先生!みて、みて、できたよ!」
「おー、すごい!そのまま、そこで足を止めるよ。」
「うん、わかった頑張る!」
2020061206.jpg

子どもは顔を真っ赤にしながら、お腹に力を入れて足を持ち上げ続けます。

「先生の手が背中に当たらないように肩と足で身体を支えるよ。」
「よーし!」
「すごいね!よくできてるよ!」
「えへへ!」
2020061208 - コピー
上手くできた時には、子どもは身体に力を入れながらも笑顔を浮かべます。

中には、自主的に筋肉トレーニング取り組む子も出てきました。
「腹筋が割れるまで頑張るぞ!」
2020061205.jpg

体幹トレーニングを終えた後は、子どもたちはみんなすっきりとした顔をしています。
誰かと競い合うわけでなく、自分のできることを精一杯取り組む体幹トレーニングは、子どもたちにとって後味がすがすがしい運動なのでしょうね。


友だち追加

ラインアカウントQRコード
LINE公式アカウントできました。
プロフィール

すまいる・きっず

Author:すまいる・きっず
川西市清和台で放課後等デイサービスの活動をしている「児童デイサービス すまいる・きっず」のブログです。事業所内でのできごとを記事にしていこうと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR